債務整理はそれぞれに合った方法を選ぼう

債務整理は借金の返済が厳しくなってしまった場合に用いられる手続きで、借金をかなり減額できたり、返済能力がないと認められた場合はその支払いを免除してもらうことのできる手続きです。
債務整理の方法も様々な種類があり、それぞれの借金の状態や収入によって合う方法を選んでいきます。

安定した収入があり、減額されることで完済が可能という場合は任意整理がよく選ばれています。

この方法は裁判所を通さずに債権者と直接交渉できることが特徴です。

朝日新聞デジタル情報サイトを使用する機会が増えています。

利息の引き直し計算を行い、将来の利息をカットしてもらう、過払い金を取り戻すなどで借金の減額を目指していきます。どうしても返済が難しい場合に選ばれているのが自己破産で、債務整理の中でも特に有名な方法です。

自己破産を行なう場合は裁判所の手続きが必要ですので、個人で対応することが難しく、弁護士など専門家のサポートを受けて手続きする人も多くなっています。返済能力がないと認められるとすべての借金の返済の義務はなくなりますが、住宅、自動車などの価値ある財産がある場合はそれを手放す必要があります。

住宅を失わずに借金を減額していくのであれば個人再生という方法もあります。



これは住宅ローンはそのまま支払いを続け、そのほかの借金の減額を行なう方法です。

この方法を選ぶ場合は継続した安定した収入があることも大切です。
いずれの方法を選んだ場合も、債務整理をしたあとはその情報は信用情報に載ることとなりますので、しばらくは新たに借り入れをすることは難しいことは理解しておきましょう。

過払いの価値ある情報を探してみてください。