FXで売りから始めるとは何か

外貨預金においては、外貨を買った時より円安になれば利益が得られます。
それが為替差益と呼ばれるものです。

しかし買った時より円高になってしまえば、逆に損失を被ってしまうことになります。
それが為替差損です。



このように外貨預金においては、これから円高になるだろうと予測されるような時には買っても損をするだけです。それゆえ、外貨を買うのは先送りにするしかありません。

ところが、FXにおいては事情は違ってきます。

たとえ円安から円高へ向かうと思われる局面においても、それでも利益を狙うことは十分に可能なのです。


なぜなら、そのような局面では外貨を先に売って、後で円を買うという取り引きを行うことができるからです。

NAVERまとめに関するマニアックな情報をお届けします。

このように、FXではまだ所有していない通貨を売って別の通貨を買うことができるのですが、これが「売りから始める」という言葉の意味なのです。
ですからFXでは、必ずしも円安だけを待つ必要はありません。



たとえ明確な力強い円高トレンドの時期であったとしても、取り引きを見送らなければならないわけではありません。


ただし、高金利の状態の通貨を売って低金利にある通貨を買うような場合には要注意です。
その際には金利差分の利息を支払わなければならないので、実際に取り引きを行うかどうかは事前によく考えなければなりません。

いくら売りから始めることができるからといっても、それで必ず利益を手に入れることができるとは限りません。


ですから通貨の金利についても、日頃から注意するようにすべきです。